日産、ゴーン被告に賠償請求=不正問題で100億円

経済・ビジネス

日産自動車は12日、前会長カルロス・ゴーン被告を相手取り、100億円の損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こしたと発表した。日産は、同被告による報酬隠しや資金流用など一連の不正問題で多額の損失を被ったとしており、請求額はさらに増える見込み。ゴーン被告は昨年末にレバノンに逃亡し、潔白を主張しているが、日産は引き続き同被告の責任を追及する方針だ。

日産は請求額について、海外の住居の無償使用のほか、業務実態がないのにゴーン被告の姉に支払われていた報酬、会社が所有するジェット機の私的利用などを考慮して算定したと説明。これらに加え、有価証券報告書への役員報酬の虚偽記載に絡み、法人としての日産に科される課徴金なども今後上乗せする。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本 神奈川県