提出データに一部書き換え=敦賀原発、日本原電が陳謝

社会

日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の再稼働に向けた審査で、原子力規制委員会に提出された地質データの記述に書き換えがあることが分かり、原電は14日の審査会合で経緯を説明した。データの取り扱いが不適切だったと謝罪する一方、意図的な変更ではないと強調した。

規制委は納得せず、地質データの原本を提出し、他にも書き換えがないか調べるよう求めた。

書き換えがあったのは、原発敷地内のボーリング調査で得られた地質情報を書いた「柱状図」。以前の提出時にあった記述が、7日提出の資料では説明のないまま削除されたり、別の表現になったりしていた。

14日の会合で規制委側は「元データの書き換えや削除は考えられないことだ」と強調。原電側は、別の観察で得られたデータなども加味して変更したと説明し、「記載を削除せず追記するべきだった」と釈明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 社会 日本 北陸 福井県