コクヨ、ぺんてる買収断念=黒田社長「友好的関係目指す」

経済・ビジネス

文具最大手コクヨの黒田英邦社長は14日、大阪市内で記者会見し、ぺんてる(東京)の買収を断念する考えを表明した。ただ、ぺんてるのブランド価値に「ほれ込んでいる」と語り、引き続き業務提携に向けた友好的な関係構築を目指していく方針を示した。

コクヨは、ぺんてる株式の約46%を保有する筆頭株主。昨年、50%以上の株式取得による子会社化を目指して敵対的買収を仕掛けたが、ぺんてるは同業のプラスに資本参加を求める対抗策などで阻止し、コクヨとの協力関係の構築に向けた協議も中止すると発表した。

記者会見するコクヨの黒田英邦社長(右)=14日午後、大阪市中央区記者会見するコクヨの黒田英邦社長(右)=14日午後、大阪市中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本 東京都 大阪府 大阪市