「西尾の抹茶」取り消し=地理的表示、全国初―農水省

政治・外交

農林水産省は14日、地域ブランドを守る地理的表示(GI)保護制度に基づき登録された愛知県の特産品「西尾の抹茶」を、対象から外したと発表した。生産者団体は、コストがかかる伝統的な栽培法に縛られ、高値販売を迫られる現状が続けば経営が苦しくなると判断。別の製法で手頃な価格の製品も販売するため、同省に取り下げを求めていた。

農水省によると、取り消しは2015年の制度創設以来初めて。

国内外で健康志向が高まり、抹茶市場は拡大傾向にある。ただ、強いニーズがあるのは出荷価格が1キロ当たり1000円程度の製品。生産者団体の西尾茶協同組合によると、同3000円を超える西尾の抹茶の売れ行きは伸び悩んでいる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 日本 東海 愛知県