秋元議員「無罪主張、闘う」=来月、国会出席の意向―IR汚職

社会

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄罪で起訴され、保釈された衆院議員秋元司被告(48)が14日、衆院第1議員会館で記者会見した。秋元被告は「裁判で無罪を主張し、闘っていきたい」と訴え、国会に3月ごろから出席する意向を示した。

濃紺のスーツに、水色と紫色のストライプのネクタイ姿で会場に現れた秋元被告。集まった100人弱の報道陣に少し驚いた様子も見せた。

「私の主張をまず申し上げるためにこの場を設けさせていただいた」と切り出すと、起訴された内容一つ一つに反論しつつ、潔白を主張。「特定の事業者のために便宜を図ったことは断じてない」と訴え、贈賄側の中国企業「500ドットコム」との関係についても「非難されているような癒着はなく、賄賂を受け取ったことは一切ない」と説明した。

記者会見する衆院議員の秋元司被告=14日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館記者会見する衆院議員の秋元司被告=14日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 中国 日本