育休、12日間取得=長男誕生から1カ月―小泉環境相

政治・外交 社会

小泉進次郎環境相は17日、長男誕生に伴う「育児休暇」を、これまでの約1カ月間で計12日間分取得したことを明らかにした。小泉氏は先月15日、3カ月間で計2週間程度、育児に充てる時間を確保すると表明したが、現時点では予定を上回るペースで取得できているようだ。

同日開かれた、育休を取得している同省男性職員らとの懇談の場で明らかにした。小泉氏は「自分自身の働き方の見直しにつながっている。ものすごく前向きに楽しんで育児ができている」と語った。

育休を取得している男性職員らと懇談する小泉進次郎環境相(右端)=17日午前、環境省育休を取得している男性職員らと懇談する小泉進次郎環境相(右端)=17日午前、環境省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 労働・雇用 社会 日本