シャープが5Gスマホ=国内初、中韓メーカーに対抗

経済・ビジネス

シャープは17日、国内メーカーとして初めて高速・大容量の次世代通信規格「5G」に対応したスマートフォン「AQUOS(アクオス)R5G」を発表した。5Gスマホは韓国・中国メーカーが先行しており、高精細で省電力の独自液晶技術「IGZO(イグゾー)」を組み合わせた製品投入で対抗。今春の5G商用サービス開始に合わせ、大手携帯電話各社で順次取り扱いが始まる。

液晶画面は約6.5インチで、高精細の映像規格「8K」動画が撮影できる高性能カメラを搭載。価格は非公表だが、10万円前後で市販されている各社の高機能スマホと「大きく変わらない見込み」(担当者)という。

シャープが発表した次世代通信規格「5G」対応スマートフォンの新製品(右)=17日、東京都内シャープが発表した次世代通信規格「5G」対応スマートフォンの新製品(右)=17日、東京都内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 中国 日本 韓国