積水ハウスで内紛再発=前会長、社長退任を株主提案

経済・ビジネス

住宅メーカー大手の積水ハウスの経営をめぐる内紛が再発した。マンション用地取得をめぐる詐欺被害に端を発した対立で2018年に事実上解任された前会長の和田勇氏は17日、東京都内で記者会見し、仲井嘉浩社長ら現経営陣を交代させる株主提案を行ったと明らかにした。

和田氏や勝呂文康専務を含む11人の取締役選任議案を同社に提出。仲井氏や阿部俊則会長は再任させず、退任を求める。株主総会は4月下旬に開かれる。

現経営陣を交代させる株主提案について記者会見する積水ハウスの和田勇前会長=17日午後、東京都中央区現経営陣を交代させる株主提案について記者会見する積水ハウスの和田勇前会長=17日午後、東京都中央区

積水ハウスの現経営陣を交代させる株主提案を行い、取締役候補者の名前が書かれた木づちを手にポーズを取る和田勇前会長(右から2人目)ら=17日午後、東京都中央区積水ハウスの現経営陣を交代させる株主提案を行い、取締役候補者の名前が書かれた木づちを手にポーズを取る和田勇前会長(右から2人目)ら=17日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本