日産、混乱収束と再建急ぐ=内田氏ら4取締役選任―臨時株主総会

経済・ビジネス

日産自動車は18日、横浜市内で臨時株主総会を開き、内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)ら新たな経営陣4人の取締役選任について承認を受けた。西川広人前社長兼CEOらは取締役を退任した。日産は名実ともに新体制へ移行し、前会長カルロス・ゴーン被告の失脚後から続く経営の混乱収束と再建を急ぐ。

取締役に選任されたのは、内田氏とともに昨年12月から経営を担うアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)、坂本秀行執行役副社長のほか、フランス自動車大手ルノーのピエール・フルーリォ社外取締役の4人。当初は坂本氏ではなく、日本電産に移籍した関潤・前日産副COOが就任予定だった。

内田氏は総会で「経営層と従業員が一体となり信頼回復に向けて論議している。もう少し時間をいただき、(会社が)変わっていると感じてもらえるようにしていく」と述べ、再建への理解を求めた。

日産は、世界販売の低迷で業績が急激に悪化しており、2019年10~12月期連結決算は純損益が260億円の赤字に転落。期末配当も10年ぶりに見送る方針で、総会では業績低迷や株価下落などに関し、株主の不満が噴出。内田氏は「本当に重く受け止めている」と陳謝した。

日産自動車の臨時株主総会に向かう株主(左)=18日午前、横浜市日産自動車の臨時株主総会に向かう株主(左)=18日午前、横浜市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本 神奈川県 横浜市