安倍首相「症状あれば自宅待機を」=イベント延期検討呼び掛け―政府対策本部

政治・外交 暮らし

政府は18日、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・安倍晋三首相)の会合を首相官邸で開き、国内で進む感染拡大の抑制策を協議した。首相は国民に向けて「発熱など風邪の症状がみられるときは、学校や会社を休み、外出を控えてほしい」と要請。大規模イベントの延期も検討するよう呼び掛けた。

首相は病欠について「感染拡大の防止につながる大切な行動だ」と指摘。「生徒や従業員が休みやすい環境整備が大切だ」と述べ、テレワークなど柔軟な対応を学校や企業に求めた。

大規模イベントに関しては、「開催時期の見直しの必要性も含め、適切な情報提供を速やかに行ってほしい」と各閣僚に指示した。

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(右から3人目)=18日午後、首相官邸新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(右から3人目)=18日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 中国 日本