弁護側、無罪主張し結審=植松被告「控訴しない」―相模原殺傷

社会

相模原市の重度知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人を殺傷したとして、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判の第16回公判が19日、横浜地裁(青沼潔裁判長)であった。弁護側が「犯行は精神障害の影響で病的で異常な思考によるもの。無罪が言い渡されるべきだ」と最終弁論し、結審した。検察側は死刑を求刑しており、判決は3月16日に言い渡される予定。

植松被告は最終陳述で、「私はどんな判決が出ようと控訴いたしません」と明らかにし、「文句を言わずに耐えて我慢した家族や被害者のことを尊敬しています」などと述べた。

植松被告の刑事責任能力の有無や程度が争点。弁護側は精神科医の診断を基に、被告は大麻乱用で事件の約1年前から気分の病的高揚や妄想をもたらす大麻精神病になり、本来と別人格になったと主張。重度障害者について「不要」から「世界平和のために自分が殺す」という考えの変化には飛躍があり、動機の形成過程に同精神病が影響したとして、心神喪失による無罪の判決を求めた。

検察側は17日の論告で、被告は元来の人格の偏りや園での勤務経験などから、「意思疎通の取れない障害者を自分が殺す」との特異な強い考えを持つようになり、事件を起こしたと指摘。大麻が精神に及ぼした影響は小さく、事件時には完全責任能力があったとして死刑を求刑した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 神奈川県