籠池前理事長に懲役5年=妻は一部無罪、猶予判決―「森友」補助金詐取・大阪地裁

社会

学校法人森友学園をめぐり国や大阪府、大阪市の補助金計約1億7000万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた前理事長籠池泰典(67)、妻諄子(63)両被告の判決が19日、大阪地裁であり、野口卓志裁判長は籠池被告に懲役5年(求刑懲役7年)、諄子被告に懲役3年、執行猶予5年(求刑同)を言い渡した。諄子被告は府、市の補助金詐取について無罪とした。

国の補助金事件について両被告側は無罪を主張したが、野口裁判長は、共犯とされ不起訴となった業者との会話内容などから「両被告は詐欺の故意を有していた」と述べ、共謀を認定。籠池被告らに対し、「手口は巧妙かつ大胆。犯行の中心的立場にあり、刑事責任は格段に重い」と指摘した。ただ、諄子被告については「籠池被告に同調した面がある」とした。

籠池被告と弁護側は、国の補助金について検察側が共犯とされた業者を訴追せずに協力を得たのは違法な取引として公訴棄却も求めた。府と市の補助金に関しては一部の不正受給を認めたが、私的な利得はなく、量刑の軽い補助金適正化法違反罪の成否を問うべきだとした。

諄子被告と弁護側は、補助金の手続きに関与していないとして、全面無罪を訴えていた。

判決によると、両被告は小学校の建設工事費を水増し申請して2016~17年、国の補助金計約5600万円を詐取。籠池被告は11~16年度、障害で支援が必要な幼稚園児や教員の人数を虚偽申告し、府と市から補助金計約1億2000万円をだまし取った。

大阪地検の山本真千子次席検事の話 判決内容を精査し上級庁と協議の上、適切に対応したい。

籠池泰典 被告籠池泰典 被告

籠池諄子 被告籠池諄子 被告

判決のため大阪地裁に向かう籠池泰典(右)、妻諄子両被告=19日午前、大阪市北区判決のため大阪地裁に向かう籠池泰典(右)、妻諄子両被告=19日午前、大阪市北区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本