インバウンド減少止まらず=1月の訪日客、4カ月連続マイナス

政治・外交 経済・ビジネス

日本政府観光局が19日発表した1月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比1.1%減の266万1000人だった。4カ月連続のマイナス。日韓関係の悪化を背景とした韓国人客の落ち込みが続いていることが響いた。新型肺炎の拡大が今後、世界各地からの訪日客の減少に拍車を掛ける恐れもある。2020年に4000万人という政府のインバウンド目標達成はさらに難しくなった。

主な内訳は、韓国が59.4%減と6割近いマイナスが続いている。中国は22.6%増だった。

中国からの訪日客は、大型連休に当たる春節(旧正月)の時期が前年より早く、1月に訪日が集中した影響で伸びた。ただ、春節期間に限れば、前年との比較で中国人客は2割減った。中国政府は期間中の1月27日から海外への団体旅行を禁止しており、2月以降、影響は大きくなる見通しだ。

新型肺炎が中国以外からの訪日に影響を与える恐れも出てきた。日本航空は韓国や台湾路線の減便を決定。日本人の渡航減だけでなく、日本国内で感染が拡大していることで、訪日需要も落ちているという。訪日客数全体の落ち込みは避けられず、地域の観光業に打撃となりそうだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 統計 中国 日本 韓国