平均4787万円、最高値更新=戸数は43年ぶり低水準―19年の新築マンション

経済・ビジネス

不動産経済研究所が20日発表した2019年の新築マンションの1戸当たりの全国平均価格は前年比0.6%上昇の4787万円と、3年連続で過去最高を更新した。一方、発売戸数は12.0%減の7万660戸で、1976年以来、43年ぶりの低水準だった。価格高騰を受けて消費者が購入に慎重となり、業者も供給を絞った。この傾向は20年も続きそうだ。

資材価格や地価の上昇、人手不足で建築費が高止まりし、平均価格を押し上げた。首都圏は1.9%上昇の5980万円、近畿圏は0.6%上昇の3866万円だった。

地方都市でも札幌市や仙台市が上がった。投資用の単身向けなどの住宅の供給が増えた名古屋市、広島市、福岡市は下落した。

発売戸数は、首都圏、近畿圏、東海・中京圏を中心に減少した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本 北海道 札幌市 東北 宮城県 仙台市 東海 愛知県 名古屋市 中国 広島県 九州 福岡県 福岡市