東京マラソン、中国在住者も参加料徴収=来年免除を変更

スポーツ

東京マラソン財団は20日、3月1日に開催される今年の大会に出場する予定だった中国在住者が、来年大会にエントリーする場合、参加料を徴収すると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大する中国からの参加自粛を促すため、来年の参加料を免除するとしていたが、その後に全面的な一般参加の取りやめが決まり、対応を変更した。

今年は中国在住者1820人がエントリーしていた。来年の大会は全ての一般参加者が参加料を支払う。今年のフルマラソン参加料は国内在住者が1万6200円、海外在住者が1万8200円だった。

財団は「これまでの案内を変更することになり、深くおわび申し上げる」との談話を出した。今年の大会は車いすの部を含めてエリート部門のみ行われる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 中国 日本