心愛さん父「しつけ超えた」=起訴内容を一部否認―小4女児虐待死・千葉地裁

社会

千葉県野田市の自宅浴室で昨年1月、小学4年の栗原心愛さん=当時(10)=が死亡した事件で、傷害致死などの罪に問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判の初公判が21日、千葉地裁(前田巌裁判長)であった。勇一郎被告は反省の言葉を述べる一方、「シャワーで顔面に冷水を浴びせたことはない」などと起訴内容を一部否認した。

勇一郎被告は傷害致死罪について「争いません」とし、「しつけの範囲を超えたと反省している。心愛ちゃんには謝ることしかできない。決して許されることではない」とも述べた。

冒頭陳述で検察側は、勇一郎被告は虐待が発覚することを恐れ、心愛さんを外出させなかったと指摘。虐待行為を認めず、心愛さんに責任を転嫁していると非難した。

弁護側は「死亡した責任は認めている」とした一方で「日常的に虐待があったわけではない」と主張。「幸せな家庭を築きたいと考えていた」として情状酌量を求めた。

女児虐待死事件の初公判で傍聴券を求めて並ぶ人たち=21日午前、千葉市女児虐待死事件の初公判で傍聴券を求めて並ぶ人たち=21日午前、千葉市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本