あおり運転を厳罰化=妨害目的の前方停車、違法に―法制審

政治・外交 社会

法制審議会(法相の諮問機関)は21日、あおり運転を厳罰化する自動車運転処罰法の改正要綱を、森雅子法相に答申した。危険運転致死傷の要件に、通行を妨害する目的で走行中の車の前方に停車するなどの行為を加える。法務省は早ければ今国会に改正案を提出、成立を目指す。

要綱は、高速道路を走行中の車に対し、前方で停止したり急接近したりして「停止または徐行させる行為」を、危険運転の要件に加えた。速度に関する規定は設けない。

現行法も、妨害目的の幅寄せや割り込みなどの行為を禁じているが、加害者側が「重大な交通の危険を生じさせる速度」で運転していることが条件だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法務行政 法案 運輸・交通 社会 日本