G20、新型肺炎対応で連携=世界経済に懸念―サウジで財務相会議開幕

経済・ビジネス

【リヤド時事】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が22日午後(日本時間同日夜)、サウジアラビアの首都リヤドで開幕した。初日の会合では、中国発の新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が世界経済に及ぼす影響に懸念を共有。各国・地域が連携していくことで一致した。景気の失速回避に向けた対応策なども討議し、23日夕に共同声明を採択して閉幕する。

会議には麻生太郎財務相と日銀の黒田東彦総裁が出席した。中国は財政相と中銀総裁が欠席し、サウジの駐在大使らが代理出席した。

麻生氏は初日の会合後、記者団の取材に応じ、新型肺炎について「(世界経済の)リスクとして急浮上した。マクロ経済に深刻な影響を及ぼし得る」と会合で発言したことを明らかにした。ほぼ全員が新型肺炎に言及し、懸念を示したという。さらに麻生氏は、世界経済への影響を最小限に抑えるため、「(G20で)しっかり連携を取っていこうということになった」と述べた。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の初日討議後、記者団の取材に応じる麻生太郎財務相=22日、リヤド20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の初日討議後、記者団の取材に応じる麻生太郎財務相=22日、リヤド

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 中国 日本 サウジアラビア