天皇誕生日の祝賀行事=一般参賀は中止に―皇居

社会

天皇誕生日の23日、60歳を迎えた天皇陛下は、皇居で皇后さまと即位後初の誕生日の祝賀行事に臨まれた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一般参賀は中止となった。

天皇陛下は午前中、皇居・宮殿で秋篠宮ご夫妻はじめ皇族方、三権の長らから祝賀を受けた。午後には宮殿「豊明殿」で昼食を囲む「宴会の儀」があり、約450人が出席した。陛下は「誕生日に当たり、皆さんと祝宴を共にすることを誠にうれしく思います。この機会に国民の幸せと国の発展を願い、併せて皆さんの健勝を祈ります」とあいさつ。安倍晋三首相が代表でお祝いを述べた。

天皇、皇后両陛下はその後、各国大使らとの茶会に出席。続いて吹上仙洞御所で上皇ご夫妻にあいさつする予定だったが、上皇さまの体調不良のため取りやめた。

夜はお住まいの赤坂御所でご家族を招いたお祝いの夕食会があったが、上皇ご夫妻は出席しなかった。宮内庁関係者によると、上皇さまにはせきなどの風邪の症状があり、ほぼ回復しているが、大事を取ったという。

天皇誕生日の「宴会の儀」で乾杯後、拍手を受けられる天皇陛下=23日午後、宮殿「豊明殿」(代表撮影)天皇誕生日の「宴会の儀」で乾杯後、拍手を受けられる天皇陛下=23日午後、宮殿「豊明殿」(代表撮影)

天皇誕生日の「宴会の儀」で、あいさつされる天皇陛下=23日午後、宮殿「豊明殿」(代表撮影)天皇誕生日の「宴会の儀」で、あいさつされる天皇陛下=23日午後、宮殿「豊明殿」(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本