流行見据え方針策定を=安倍首相、新型コロナ対策本部で指示

政治・外交 暮らし

政府は23日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会議を首相官邸で開き、感染経路が明らかでない患者が国内で増えていることを踏まえ、対応を協議した。安倍晋三首相は新型ウイルスが国内で流行する可能性に言及した上で、大規模な感染拡大を見据え、総合的な基本方針を早急にまとめるよう指示した。25日にも対策本部で決定する。

首相は感染拡大防止策や医療提供体制整備が基本方針の柱になると指摘。「効果的な感染拡大防止策を講じ、患者増加のスピードを抑制することは、今後の流行を抑える上で極めて重要だ」と強調した。同時に「患者数が大幅に増えた時に備え、重症化防止を中心とした医療提供体制を早急に整える必要がある」と語った。

首相はまた、新型ウイルスの治療薬の研究開発を加速するよう要請。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した乗客の感染が明らかになったことを受け、下船者の健康状態の観察を強化するよう求めた。船の機能維持に留意しつつ、船員の下船に向けた検討も進める。

会議には海外出張中の麻生太郎副総理兼財務相を除く全閣僚が出席した。

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(中央)。左端は赤羽一嘉国土交通相=23日午後、首相官邸新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(中央)。左端は赤羽一嘉国土交通相=23日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本