韓国・大邱など「渡航自粛」に=新型コロナ拡大で政府

政治・外交

茂木敏充外相は25日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が急増している韓国南部の大邱市と慶尚北道清道郡について、「不要不急の渡航自粛」を求める感染症危険情報を発出すると発表した。4段階あるうちの下から2番目。

茂木氏は発出の理由として、韓国政府が警戒レベルを4段階の最高レベルとしたことなどを挙げ、「状況を総合的に勘案した」と説明した。大邱には感染者の多くが関係している新興宗教団体「新天地イエス教会」の施設がある。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国