愛知の旅館が経営破綻=新型肺炎で初、中国人客減

経済・ビジネス

信用調査会社の東京商工リサーチによると、愛知県蒲郡市の旅館が新型肺炎の拡大による顧客減少を理由に破産申請することが25日、明らかになった。中国からの団体ツアーの受け入れに力を注いできたが、1月以降、キャンセルが相次いでいた。新型肺炎の影響を受けた企業の経営破綻は初めてという。

蒲郡市の旅館「冨士見荘」が弁護士を通じて名古屋地裁豊橋支部に申し立てる。負債総額は調査中。冨士見荘は1956年設立、資本金は9600万円。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 信用・倒産情報 日本 東海 愛知県