新車納期に遅れ=部品供給の混乱で―新型肺炎

経済・ビジネス

自動車販売店の業界団体、日本自動車販売協会連合会の加藤和夫会長は25日、東京都内で記者会見し、新型肺炎に関連して「国内で生産している車の納期遅れが出始めている」と述べた。中国からの部品供給が滞っていることが背景にあるという。

加藤会長はホンダ系列の販売店の社長。ホンダによると、サプライチェーン(部品供給網)の状況を踏まえ、一部車種で生産の順番を後ろにずらすケースが出ている。

加藤会長は、新型肺炎について「国内の個人消費に少なからず影響がある」とも指摘。「今後インバウンド(訪日外国人客)が減少し、(観光客輸送に使う)バスの需要などに影響が出ることが考えられる」と語り、新車市場への打撃に懸念を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 中国 日本