日産、1年ぶり新車投入=軽「ルークス」3月発売

経済・ビジネス

日産自動車は25日、約1年ぶりの新型車となる軽乗用車「日産ルークス」(排気量660cc)を3月19日に発売すると発表した。日産は新車開発の遅れから販売が大幅に落ち込み、業績低迷が続く。今後は新型車を積極投入する考えで、てこ入れの第1弾と位置付ける。

ルークスは車高の高い「ハイトワゴン」タイプ。ホンダ「N―BOX」やダイハツ工業「タント」など人気車種がひしめく激戦区で、ファミリー層を中心に売り込み、月8000台以上の販売を目指す。車内空間を広げたほか、前方の視界を大型車に遮られても、2台先の車の動きまでレーダーで検知。急なブレーキを警報音などで知らせる機能を標準搭載した。

ルークスは2014年2月、連合を組む三菱自動車との共同開発車「デイズルークス」として発売。車名を改め、約6年ぶりの全面改良となる。日産が開発し、三菱自が生産する。価格は約142万~約207万円。

日産自動車が発表した新型「日産ルークス」=25日午前、横浜市西区日産自動車が発表した新型「日産ルークス」=25日午前、横浜市西区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新製品 販売・価格改定・販促・見本市など 日本