パナソニックとテスラ、太陽電池の共同生産解消

経済・ビジネス

パナソニックは26日、米電気自動車大手テスラと続けてきた太陽電池の共同生産体制を解消すると発表した。工場などの屋根に搭載する太陽光パネルの電池をパナソニックが生産し、テスラが販売してきたが、売れ行きは鈍かったようだ。

パナソニックは5月末に生産を停止し、9月末をめどに米ニューヨーク州の工場から撤退する。

パナソニックは2017年から、同工場で太陽光パネル向け電池を生産。パナソニックが生産設備を導入し、テスラが工場を運営していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 日本 米国