政府、2週間のイベント自粛要請=入国拒否、韓国に拡大―新型肺炎

政治・外交 社会 暮らし

政府は26日、新型コロナウイルスの国内での感染拡大を抑えるため、コンサートなどの大規模イベントについて今後2週間は自粛し、中止や延期、規模縮小などの措置を取るよう呼び掛けた。韓国での感染者急増を受け、同国の大邱市と慶尚北道清道郡に過去2週間に滞在した外国人を、入国拒否の対象に追加した。

政府は25日に公表した基本方針で、一律のイベント自粛は求めず、開催の必要性の再検討を要請するにとどめていた。しかし、その後、Jリーグが公式戦延期を決定し、イベント主催者らの間に戸惑いが広がったため、より明確な指針を示すことにした。

安倍晋三首相は首相官邸で開かれた対策本部の会議で、イベント自粛要請について「この1~2週間が感染拡大防止に極めて重要だ。多数が集まる全国的なスポーツ・文化イベントは大規模な感染リスクがある」と指摘した。

菅義偉官房長官はこの後の記者会見で、自粛要請の対象となるイベントについて(1)全国から参加者を募る(2)国または全国規模の団体が開催する―ケースだと説明した。自粛期間後に関しては「今後の感染拡大の状況を見ながら判断する」と述べた。政府は3月11日に予定する東日本大震災追悼式についても規模縮小などを検討する。

大邱市と慶尚北道清道郡からの入国拒否は中国の湖北省と浙江省に続くもので、中国以外に対象を広げたのは初めて。27日から適用する。

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=26日午後、首相官邸新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=26日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安全・危機管理 社会 健康・医療 暮らし 日本 韓国