処理水処分「科学的実証」重視を=福島第1原発を視察―IAEA事務局長

社会

国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は26日、東京電力福島第1原発を視察した。終了後、記者団の取材に応じ、同原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ処理水の処分方法について「科学に基づいた決定であるべきで、すでに実証された手段でなくてはならない」と話した。

グロッシ氏の福島第1原発視察は、昨年12月の就任後初めて。東電の説明を聞きながら、廃炉が進む原子炉建屋や実際に処理された水などを確認した。

東京電力福島第1原発を視察する国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長=26日午後、福島県大熊町(代表撮影)東京電力福島第1原発を視察する国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長=26日午後、福島県大熊町(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 社会 日本 東北 福島県