バスガイド、新型コロナ再発か=検査で陰性後、再び陽性―大阪

社会 暮らし

大阪府は26日、新型コロナウイルスに感染した後、いったん検査で陰性となった大阪市の40代の女性バスガイドが、再び陽性になったと発表した。府は、再感染か潜伏していたウイルスが活発化した可能性があるとみている。

女性は、中国武漢市からのツアー客を乗せたバスに乗車し、1月29日に感染を確認。容体が回復したため2月1日に退院し、経過観察中の6日に任意のウイルス検査で陰性が確認された。しかし、19日に喉の違和感と胸の痛みを訴え、入院していた医療機関を複数回受診。26日にウイルス検査で陽性と判明し、再入院した。外出は控えており、濃厚接触者はいないという。

記者会見した府健康医療部の藤井睦子部長は「咽頭にウイルスが検出できるほど残っていなかったが、その後体内に潜んでいたウイルスが『再燃』した可能性がある」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 中国 日本 大阪府 大阪市