伝統衣装から最新ファッションに=英博物館が大規模着物展

社会 暮らし

【ロンドン時事】装飾芸術の収集品で世界的に有名な英ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート(V&A)博物館は29日から、着物に関する展覧会を開く。江戸時代にさかのぼる日本の伝統衣装の歴史から、現代の世界のファッションに与えた影響までを取り上げた。6月21日まで。

欧州での大規模な着物展はこれが初めて。26日に報道関係者向けの内覧会が開かれた。

会場には英ロックバンド、クイーンの故フレディ・マーキュリーが愛用した着物や米歌手マドンナさんの着物風衣装、米人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」で出演者が使用した着物に似た衣装も展示された。

展覧会は、17世紀以降の日本での着物の歴史や、オランダの東インド会社などを通じて着物が西洋に広まった経緯を紹介。きついコルセットを使用していた西洋の女性服が、20世紀初頭にゆったりと体を覆うデザインに変わっていく過程での着物の影響を指摘した。最新ファッションにも着物に着想を得たデザインが多くあることも示した。

英ビクトリア・アンド・アルバート(V&A)博物館の着物展=26日、ロンドン英ビクトリア・アンド・アルバート(V&A)博物館の着物展=26日、ロンドン

英ビクトリア・アンド・アルバート(V&A)博物館の着物展。中央は米歌手マドンナさんの衣装、左は英ロックバンド、クイーンの故フレディ・マーキュリーが愛用した着物=26日、ロンドン英ビクトリア・アンド・アルバート(V&A)博物館の着物展。中央は米歌手マドンナさんの衣装、左は英ロックバンド、クイーンの故フレディ・マーキュリーが愛用した着物=26日、ロンドン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 衣料・ファッション 暮らし 社会 日本