JT、従業員8700人を原則在宅勤務=新型肺炎の感染防止で

経済・ビジネス

日本たばこ産業(JT)は27日、国内で勤務する全従業員約8700人(契約社員など含む)を、原則在宅勤務とすると発表した。新型コロナウイルスへの感染を防止するためで、工場勤務などでやむを得ず出社する場合は時差出勤を推奨する。26日から当面の間続ける。JT社員に感染者はいないという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本