新型ウイルス、迅速検出=新技術開発、30分以内に―神奈川県と理研

社会 暮らし

神奈川県衛生研究所と理化学研究所は27日、新型コロナウイルスを30分以内に検出できる新技術を開発したと発表した。まだ研究段階だが、同日記者会見した黒岩祐治知事は「幅広く使ってもらえるよう、国に特段の配慮を求めたい」と述べた。

現在、主流のPCR法は検出まで1~2時間かかるが、新たに開発されたスマートアンプ法では、10~30分と迅速に検出でき、感度もPCR法と同等以上だという。

県衛生研などは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた感染者から採取した新型ウイルスの検体を用い、新技術の有用性を確認したという。

実用化には体外診断用医薬品としての承認が必要で、県などは引き続き実証研究を進める。理研の臼井健悟・開発ユニットリーダーは「まだ2合目くらいの印象だが、実用化に向けた第一歩を踏み出せた」と語った。

新型コロナウイルスを迅速に検出できる新技術について記者会見する神奈川県の黒岩祐治知事(左)ら=27日、同県庁新型コロナウイルスを迅速に検出できる新技術について記者会見する神奈川県の黒岩祐治知事(左)ら=27日、同県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 神奈川県