レバノンへ法務副大臣派遣=ゴーン被告逃亡受け

社会 政治・外交

森雅子法相は28日の記者会見で、義家弘介法務副大臣を29日~3月3日の日程でレバノンに派遣すると発表した。レバノンは日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の逃亡先。義家氏は3月2日に首都ベイルートで同国の司法相らと会い、逃亡事件に関する協力を要請する。

森氏は「レバノンに日本の刑事司法制度について正しく理解してもらうことが重要だ」と強調。ただ、ゴーン被告の身柄引き渡しに関しては「レバノン内の法律なども考慮して対処しなければならない」と述べるにとどめた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 司法行政 日本