首相「今が極めて重要」=保護者有休、企業の配慮要請―全国休校

政治・外交 暮らし

安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて全国の小中高校などに臨時休校を要請したことについて「今がまさに感染拡大のスピードを抑制するために極めて重要な時期だ」と述べ、国民に理解を求めた。

首相は審議の冒頭自ら発言し、「何よりも国民の命と健康を守ることを最優先に、やるべき対策をちゅうちょなく決断し、実行していく」と強調した。

国民民主党の渡辺周氏は、一斉休校に伴い保護者が子供の世話で仕事を休まざるを得なくなる可能性があると指摘。「解雇されたり収入が減ったりすることに対し、政府は責任を取るのか」とただした。

首相は「さまざまな課題に政府として責任をもって対応していく」と強調。経済団体に対し、有給休暇を取りやすくするよう求める方針を表明した上で、こうした措置が難しい中小企業に配慮していく考えも示した。また、有給休暇を取れない一部のパートなど非正規従業員の支援策を検討していると明らかにした。

衆院予算委員会の冒頭、全国の小中高校の臨時休校について発言する安倍晋三首相(手前)=28日午前、国会内衆院予算委員会の冒頭、全国の小中高校の臨時休校について発言する安倍晋三首相(手前)=28日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 文教政策 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本