週末の外出中止要請=新型コロナで緊急事態宣言―道知事

社会 暮らし 政治・外交

北海道の鈴木直道知事は28日、新型コロナウイルスに関する道の対策会議の席上、「状況は深刻さを増している」として緊急事態を宣言し、道民に週末の外出を控えるよう要請した。

北海道では同日も新たに12人の感染者が確認され、道内の感染者は死者2人を含む66人となった。外出中止という異例の要請で、これ以上の感染拡大を食い止めたい考えだ。

鈴木知事は会議で「感染拡大のスピードを抑える対策が必要だ。一日も早く収束させ暮らしへの影響を少なくするには今がヤマ場だ」と強調。3月19日までを緊急事態宣言期間とし、今週末の不要不急の外出を控えるよう求めた。

記者会見する北海道の鈴木直道知事=28日午後、札幌市中央区記者会見する北海道の鈴木直道知事=28日午後、札幌市中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 北海道