休校開始日、各自治体の対応分かれる=一部は幼稚園も休みに―新型コロナウイルス

政治・外交

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国の小中学校、高校、特別支援学校に臨時休校を求めた政府の要請に対し、各自治体の対応は分かれた。東京都は要請通り3月2日から春休みまで都立高校などを休校にすることを決定。一方、金沢市は、共働き世帯などへの影響が大きいとして、2日からの全面休校は見送る方針を示した。岡山県井原市は中学校と高校は2日から休校とするが、小学校は通常通り授業を続けると発表。島根県も県立高校・特別支援学校で授業を継続する。

名古屋市は、3月2日から市立の小中高校を臨時休校にすると決定。政府の要請では対象外の幼稚園の休園も決めた。神戸市も幼稚園を含め、3日から15日まで臨時休校とする。

宮城県は県立の中学校や高校を休校にすると発表。ただ、特別支援学校は通常通り開校する。村井嘉浩知事は記者団に「休校にすると保護者の負担が大きい」と理由を説明した。

山口県防府市教育委員会は、市立の小中学校を3月2日から臨時休校にすると決定。加えて、2月29日と3月1日の午前中に授業を行うことも決めた。同教委の担当者は「きょう(28日)1日で(授業などを)終えるのはあまりに急ぎ過ぎだ」と述べた。

兵庫県は、県立の高校や特別支援学校などを3月3日から15日までの当面2週間、臨時休校にすると発表。2日は学校で生徒に理由を説明するため、休校とはしない。那覇市も登校期間を2日の午前中までとし、3日から15日までは休校にすると決めた。愛媛県は休校は4日からとした。京都市も4日までは通常の登校日とし、5日から休校とする。

埼玉県は3月2日から春休みまで臨時休校にすると発表。同時に、休校期間も学校施設を開放し、共働きなどの理由で自宅で面倒が見られない場合は、通常の在校時間内で子どもを受け入れる方針を表明した。和歌山県も2日から臨時休校とする一方、期間中は県内の小学校で希望する家庭の児童を日中預かる方針を示した。

岡山市は、3月2日から春休みまで臨時休校にする。これに合わせ、体調観察や家庭学習の内容を指示するため、小中学校では期間中に登校日を1日設けることも決めた。滋賀県は、県立の高校や特別支援学校などを2日から24日まで臨時休校とすることを決定した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文教政策 行政一般(政治欄向け) 日本 東海 愛知県 名古屋市 京都府 京都市 兵庫県 沖縄 那覇市