休職対応で新助成金創設=安倍首相、休校要請に理解求める―緊急対策、第2弾策定へ

政治・外交 社会 暮らし

安倍晋三首相は29日、首相官邸で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全小中高校などに臨時休校を要請したことに国民の理解を求めた。休職する保護者を支援するため、所得減少を補う助成金制度を新設すると表明。緊急対応策第2弾を今後10日程度で取りまとめるとし、関係法整備への与野党の協力を呼び掛けた。

首相は、国内の感染拡大は韓国やイタリアほどではないとの認識を示した上で「これから1~2週間が急速な拡大に進むか終息できるかの瀬戸際だ」と指摘。「あらゆる手を尽くすべきだ」と述べ、イベント自粛などを改めて要請した。

休校要請に踏み切った理由については「万が一にも子どもの集団感染を起こしてはならない」と説明。「大変な負担をかけるが、理解をいただきたい」と述べた。新助成金は非正規労働者も対象とする。

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、初の記者会見をする安倍晋三首相=29日午後、首相官邸新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、初の記者会見をする安倍晋三首相=29日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 文教政策 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本