韓国大統領「共に危機克服を」=対日「未来志向の協力」呼び掛け―新型肺炎で「団結」

政治・外交

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は1日、感染が急速に拡大する新型コロナウイルスへの対応などを念頭に、日本に対し「共に危機を克服し、未来志向の協力関係に向けて共に努力していこう」と呼び掛けた。日本の植民地支配に抵抗して起きた1919年の「三・一独立運動」の記念式典で演説した。

国内で感染者数が急増する中、韓国政府は感染拡大への懸念から国民に週末の集会や外出の自制を要請している。今年の式典は参加者を制限するなど例年より規模を大幅に縮小。文氏の演説も対日批判のトーンを抑え、新型肺炎克服へ国民の「団結」と周辺国との「協力」を訴える内容となった。

文氏は対日関係で「過去を直視してこそ傷を克服できる。過去を忘れることはない」と主張した。一方で「われわれは過去にとどまることもない。日本もそうした姿勢を見せてほしい」と要求。「歴史をかがみとして手をつなぐことが東アジアの平和と繁栄の道だ」と協力を訴えた。

また、新型肺炎の世界的拡散で「国境を越えた協力の必要性を痛感した」と指摘。感染症や災害などの「非伝統的脅威」に対応するため、日本や中国、北朝鮮などとの協力の必要性を強調した。

1日、ソウルで、日本の植民地支配に抵抗して起きた「三・一独立運動」の記念式典で演説する韓国の文在寅大統領(AFP時事)1日、ソウルで、日本の植民地支配に抵抗して起きた「三・一独立運動」の記念式典で演説する韓国の文在寅大統領(AFP時事)

韓国の文在寅大統領(中央)=2月25日、大邱(EPA時事)韓国の文在寅大統領(中央)=2月25日、大邱(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国