北海道の70代男性死亡=新型肺炎で12人目

社会 暮らし

北海道は1日、新型コロナウイルスに感染していた釧路地方の70代男性が死亡したと発表した。道内感染者の死者は3人目で、国内感染者のうち、死亡が確認されたのは12人となった。

道などによると、男性は基礎疾患があり、釧路市の病院に入院中に肺炎を発症。2月25日のウイルス検査で陽性と判明した。26日に釧路市の別の病院に移り、29日夜、亡くなった。

道は院内感染の疑いがあるとみて、医療従事者や同室者にウイルス検査を実施。いずれも陰性だったが、なお調査を続けている。

道はまた、江別市の20代女性看護師と北見市の40代男性の計2人に感染が確認されたと発表。これにより道内感染者は72人となった。

このほか1日は、相模原市の50代夫婦や、東京都の70代男性と50代女性の感染も明らかになった。都によると、70代男性は2月26日に死亡した感染者と同じ病室に入院していた。50代女性は感染者が利用していた千葉県市川市のスポーツクラブに通っていたという。

神奈川県は、既に感染が確認されている70代の母親と同居する50代女性の感染が判明したと発表した。女性は2月、千葉県船橋市に住む20代の息子を訪ねており、この息子も感染していた。

また、名古屋市は50~80代の女性計3人の感染が確認されたと発表。北九州市に住むタクシー運転手の60代男性、高知市の60代女性、兵庫県西宮市の40代男性の感染も判明した。同県での感染確認は初めて。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 北海道