就活本番、新型コロナが影=ネット質疑に困惑

経済・ビジネス

2021年春卒業予定の大学3年生らを対象とした会社説明会が1日、解禁された。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、大規模会場を使う合同説明会が相次ぎ中止となる中、企業はインターネットを活用して学生との接点を確保。学生、企業にとって直接向き合う機会が減ることには不安や困惑もみられ、終息が見通せない新型ウイルスは本番を迎えた就職活動にも影を落としている。

就職情報サイト「マイナビ」が1日開催したウェブサイト上の合同説明会には、約250の企業が参加した。東京都内で約30に仕切られたブースから採用担当者らが資料や映像とともにカメラに向かって事業内容などを説明。各社30分のうち10分程度は、事前予約で視聴した学生からチャット形式で受け付ける質疑に充てられ、「コロナウイルスが選考活動に与える影響」を尋ねる場面も見られた。約6万5000人が申し込んだという。

マイナビは15日まで全国169会場で予定していた合同説明会を中止する一方、各社の説明内容を録画配信する体制を整える方針。1日に参加した三井住友海上火災保険の人事担当者は「短期決戦のため、この時期は逃せない」と、引き続きネット上で積極的にアプローチする構え。ただ、実際に対面で選考を進めたいとの本音は企業だけでなく、学生側からも「会って満足にやりとりできないのは不安」(横浜市の男子私大生)との声が漏れる。

経団連は21年春入社以降の就活ルール策定を見送り、初めて政府主導で説明会は3月、筆記・面接選考を6月にそれぞれ解禁し、正式内定が10月以降と規定された。人手不足に伴う学生優位の「売り手市場」は続くものの、肺炎問題が長引けば選考日程にしわ寄せが及ぶ恐れがある。リクルートキャリア就職みらい研究所の増本全所長は採用人数確保に向け「スケジュールの見直しが広がる可能性もある」と話している。

「マイナビ」が開催したウェブサイト向け合同説明会に参加した企業担当者=1日、東京都内「マイナビ」が開催したウェブサイト向け合同説明会に参加した企業担当者=1日、東京都内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 日本 神奈川県 横浜市