あおり運転に罰則=違反歴高齢者に技能検査―道交法改正案を閣議決定

社会 政治・外交

政府は3日、今国会に提出する道交法改正案を閣議決定した。社会問題化するあおり運転を新たに規定した上で罰則を設けるほか、高齢運転者の事故対策として、75歳以上で一定の違反歴のある人に運転技能検査を義務付ける。改正法が成立すれば、あおり運転に関しては公布から20日経過後、高齢運転者対策は2年以内にそれぞれ施行される。

改正案では、処罰対象のあおり運転について、他の車両の通行を妨害する目的で▽車間距離を詰める▽急ブレーキをかける▽割り込む―などの一定の違反をする行為と規定。罰則は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金とした。

あおり運転によって高速道路で相手の車を停止させたり、一般道でも物損事故を起こさせたりするなどの著しい危険を生じさせた場合は、より重い5年以下の懲役または100万円以下の罰金とした。行政処分も厳しくし、免許取り消しの対象に追加した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 司法行政 警察・治安 運輸・交通 運輸政策 日本