議員の関与有無解明へ=河井夫妻の秘書ら逮捕―運動員買収容疑・広島地検

社会 政治・外交

自民党の河井克行前法相の妻、案里参院議員(広島選挙区)の陣営をめぐる選挙違反事件で、広島地検特別刑事部は3日、昨年7月の参院選で車上運動員に法定上限を超える報酬を支払ったとして、公選法違反(運動員買収)容疑で案里氏の公設秘書や克行氏の政策秘書ら3人を逮捕した。地検は同日、夫妻の議員事務所も捜索。両氏の関与の有無についても解明を進めるとみられる。

公選法は、買収の罪で秘書らの有罪が確定するなどした場合、候補者本人が関与していなくても当選無効となる「連座制」が適用されると規定。今後の司法判断によっては、案里氏が失職する可能性がある。

逮捕されたのは案里氏の公設第2秘書立道浩容疑者(54)=広島市安佐南区=、克行氏の政策秘書高谷真介容疑者(43)=東京都葛飾区=、参院選の選挙運動者だった無職脇雄吾容疑者(71)=広島市西区=。地検は認否について明らかにしていない。

地検は3日、夫妻それぞれの議員会館(東京)の事務所や、広島市の案里氏の事務所を捜索した。

逮捕容疑は昨年7月19~23日、広島市の案里氏の選挙事務所など計6カ所で、ウグイス嬢と呼ばれる参院選の車上運動員14人に対し、手渡しなどで法定上限(日当1万5000円)を超える計204万円を供与した疑い。

報道陣に囲まれながら広島地検に向かう河井案里参院議員の秘書(中央)=3日午前、広島市報道陣に囲まれながら広島地検に向かう河井案里参院議員の秘書(中央)=3日午前、広島市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 政党 日本 中国 広島県