楽天携帯、月2980円=大都市圏はデータ使い放題―来月8日から

経済・ビジネス

楽天は3日、4月8日から携帯電話の本格サービスを開始すると発表した。通信料金は月額2980円(税別)の1プランに絞る。東京、大阪、名古屋の三大都市圏の自社回線地域でデータ通信が使い放題となる。KDDIの回線を借りる地域では月2ギガバイト(GB)まで追加料金なしで利用できる。三大都市圏に限れば、NTTドコモなど大手3社の半額以下になり、今後他社の対応が注目される。

サービスの申し込みはネット上で既に開始。店舗でも4日から受け付ける。先着300万人は2980円のプランを開通日から1年間無料で提供。KDDIの回線エリアで2GBを超えた分は追加料金がかかる。専用アプリを使えば国内通話は一部を除き無料となる。楽天は「3年程度での黒字化」(幹部)を見込んでいる。

三木谷浩史会長兼社長は「(自社回線エリアの拡大により)早い段階で全国で使い放題にしたい」と強調。料金水準については「衝撃的な価格を実現した」と述べ、大手との顧客獲得競争に自信を示した。

次世代通信規格「5G」の携帯サービスは6月に開始する。一方、2014年に始めた格安スマホは新規受け付けを4月7日に停止するが、サービスは当面継続する。

楽天は昨年10月に携帯電話事業に本格参入する計画だったが、基地局整備の遅れなどから延期。通信の安定性を確認するため利用者を限定し、試験的な無料サービスを提供していた。

記者発表会で説明する楽天の三木谷浩史会長兼社長=3日、東京都港区(同社提供)
記者発表会で説明する楽天の三木谷浩史会長兼社長=3日、東京都港区(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス 販売・価格改定・販促・見本市など 日本