新型コロナ影響110億円=2月鉄道収入―JR東日本

経済・ビジネス

JR東日本は3日、新型コロナウイルス感染拡大の影響による利用客減少が、2月の鉄道運輸収入を約110億円押し下げたとの推計を明らかにした。新幹線の輸送人員は前年同月比1割減、最終週の23~29日に限ると2割減と低迷した。3月の指定席券の予約は5割減となっている。記者会見した深沢祐二社長は「3月はより大きな影響が出てくる」と懸念を示した。

在来線でも、成田空港と東京都心などを結ぶ特急の利用が2月最終週には5割減に落ち込んだ。2月28日から3月1日の定期外の駅の利用者数は、臨時休園した東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに近い舞浜駅が7割減、東京駅が45%減、新宿駅が30%減と急減した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本 東京都