震災追悼式、中止で調整=4日にも最終決断―政府

政治・外交 社会 暮らし

政府は3日、東日本大震災から9年となる11日に東京都内で予定している政府主催の追悼式について、中止する方向で調整に入った。新型コロナウイルスの感染が広がっていることを重視した。被災地の反応などを見極め、4日にも最終決断する。複数の政府関係者が明らかにした。

政府内には一般の参列者の出席を断るなど、規模を大幅に縮小して式典を行う案も残っている。中止する場合は安倍晋三首相が追悼のメッセージを読み上げるなど代替策を検討する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 災害 暮らし 社会 日本