新型肺炎で国内線も6日から減便=全日空と日航

経済・ビジネス

全日本空輸と日本航空は4日、新型肺炎の拡大に伴い全国でイベントなどの中止が相次ぎ、旅客需要が減少しているとして、国内線の減便に踏み切るとそれぞれ発表した。新型肺炎の影響で国内線が減便となるのは初めて。6日から12日まで実施する。

全日空は羽田―新千歳線を1日17往復34便から12~13往復にするなど、7日間で計206便減らす。日航も羽田―伊丹や仙台―新千歳など計352便を減らす。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 北海道 東北 宮城県 東京都 大阪府