豊田氏「全21役員がトップ候補」=トヨタ、副社長職廃止へ

経済・ビジネス

トヨタ自動車は4日までに、4月1日付で副社長ポストを廃止すると発表した。豊田章男社長を除く執行役員21人全員を同格にすることで、若手にも次期トップのチャンスを与え、社内を活性化するのが狙いだ。豊田氏は「経営者養成の仕組みと捉えてほしい」と強調。「(21人全員が)次のトップの候補生」と語った。

豊田氏は4日の同社の2020年春闘労使協議で、役員体制スリム化の狙いを説明した。各役員には「チーフオフィサー」「カンパニープレジデント」「地域CEO」などの担当をそれぞれ割り振り、役割を明確にする。

現在、トヨタには副社長職を務める執行役員が6人おり、社長に次ぐ立場で経営を担っている。副社長職廃止後、6人のうち小林耕士氏ら4人は執行役員、ディディエ・ルロワ氏は取締役として同社に残る。吉田守孝氏は退任する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 企業構造改革 日本