大熊町も一部避難解除=常磐線駅周辺の困難区域―福島

社会

東京電力福島第1原発事故で、福島県大熊町の帰還困難区域に出されていた避難指示の一部が、5日午前0時に解除された。同原発が立地する大熊町で帰還困難区域の避難指示が解除されるのは初めて。4日午前0時には、同県双葉町で同区域の一部が初めて解除された。

大熊町の解除対象は、JR常磐線の大野駅周辺や、再開を目指す県立大野病院の計4.2ヘクタールと周辺道路など。14日に控える常磐線の全線再開に伴う措置で、住民の帰還は伴わない。困難区域内で除染が一巡した約292ヘクタールについては立ち入り規制が緩和された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 社会 社会一般 日本 東北 福島県 東京都