国内5G、本格スタート=ソフトバンク、27日から―追加料金1000円

経済・ビジネス

ソフトバンクは5日、高速大容量の次世代通信規格「5G」のサービスを27日に始めると発表した。5G対応のスマートフォンを持つ利用者は、現在の4G通信料金プランに「5G基本料」(月額1000円)を支払えば、5G向けの動画やゲームなどのコンテンツが楽しめる。NTTドコモやKDDI(au)も近くサービスを開始する予定で、国内で5Gが本格的にスタートする。

携帯電話大手で5Gサービスの具体的な料金を発表したのはソフトバンクが初めて。3月末時点で5Gを利用できるのは、東京、千葉、石川、愛知、大阪、広島、福岡の7都府県の一部地域で、順次拡大していく計画。

ソフトバンクは、2021年中に人口カバー率90%目指す。同社の榛葉淳副社長は5日の発表会で「全国に約23万カ所の4G基地局があり、(5G基地局に)切り替わっていく」と説明した。

ソフトバンクは、5G開始に合わせ、エンターテインメントやスポーツを中心に、臨場感のある視聴体験を味わえる映像などの新たな配信サービスを提供する。4G対応のスマホでも利用できるが「5G環境で利用すれば、より快適に楽しめる」という。

5G対応のスマホも27日以降、順次発売する。シャープのスマホ「AQUOS(アクオス)R5G」など4機種を扱い、6日から予約を受け付ける。シャープの端末価格は10万円前後になるとみられている。

ソフトバンクは、5G利用者の拡大に向け、8月末までに新サービスに加入すれば、5G基本料を2年間無料とするキャンペーンを実施する。

インターネットのライブ中継で行われたソフトバンクの5Gサービス発表会=5日午前インターネットのライブ中継で行われたソフトバンクの5Gサービス発表会=5日午前

3月27日からの5Gサービスについて発表するソフトバンクの榛葉淳副社長=5日、東京都内(ソフトバンク提供)3月27日からの5Gサービスについて発表するソフトバンクの榛葉淳副社長=5日、東京都内(ソフトバンク提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス 日本