都内の子ども2人感染=滋賀では初めて―新型コロナ

社会 暮らし 政治・外交

東京都足立区は5日、区立小学校の女児と認可保育園に通う弟が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。大津市では60代男性が感染し、滋賀県で初めて感染者が確認された。

足立区によると、きょうだいは2月25日にせきの症状が出ていたが、28日まで小学校や保育園に通っていた。小学校の生徒は約500人、保育園には約100人の園児が在籍しているといい、区は濃厚接触がなかったか確認を進める。

この家族では、同居する50代の祖母の感染が既に判明していたが、30代の母親が感染していることも分かった。

大津市の男性は2月25日に発熱し、3月4日までに同市内の医療機関を4回受診していた。その後、別の医療機関で肺炎の疑いがあるとされ、ウイルス検査で5日に陽性と判明した。

5日はこのほか、札幌市や新潟市、相模原市、山口県などで新たに感染者が見つかった。和歌山、兵庫両県と大阪府は、複数の感染者が出た大阪市のライブハウスで開かれたコンサートに参加した人の感染を発表。埼玉県は県警武南署に勤務する50代の男性警察官が感染していたことを明らかにした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 東京都 神奈川県 横浜市 新潟県 甲信越 新潟市 滋賀県 大阪府 大阪市