4歳女児死亡、両親逮捕=数十カ所あざ、虐待か―埼玉県警

社会

埼玉県伊奈町の自宅で2017年12月、低栄養状態の長女=当時(4)=を放置し死亡させたとして、県警捜査1課は6日、保護責任者遺棄致死容疑で父親の自営業岩井悠樹(30)、母親のパート従業員真純(28)両容疑者を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

長女の腕や腹などには数十カ所のあざがあり、同課は日常的な虐待があったとみて調べる。

逮捕容疑は、伊奈町小室の自宅で、長女の心ちゃんに十分な食事を与えず、低栄養状態に陥っていると知りながら適切な医療措置を受けさせず、17年12月21日に低体温症で死亡させた疑い。

同課などによると、同日午後4時ごろ、真純容疑者が心ちゃんと一緒に入浴中、心ちゃんが溺れそうになった。浴室を出た後、呼吸をしなくなり、同容疑者が車で病院に連れて行ったが、死亡が確認された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 埼玉県